あなたと相性ピッタリの犬種は!?3つのポイント

大きい犬と小さい犬、どっち?

大きい犬は、散歩も食事もたっぷり必要です。また、大きな犬はしつけをしっかりしておかないと、危険も伴います。犬に割くことのできる時間やお金が準備できるか、と言う点をまずは第1に考えましょう。ただかっこいいから、飼いたいから、というだけで、大型犬を選んでしまうと、ご自身もそして犬もつらい思いをしなければならなくなります。アウトドアが好き、スポーツが趣味、小さい子供がいない、といったご家庭がおすすめです。

庭で飼う?それとも部屋で飼う?

大型犬であっても、必ずしも庭で飼う必要はありません。十分な運動が確保できるのであれば、室内でもおとなしく過ごすことができます。小型犬の中でも愛玩犬と呼ばれる犬種は、屋外で過ごすために必要な被毛がありませんから、必ず室内で飼いましょう。生き物ですから、もちろん無駄毛やにおい、排泄などがあります。家族にアレルギーがないか、と言う点もしっかり確認をしておくとよいでしょう。なお、フローリングは滑りやすいので、カーペットを敷くなども配慮が必要です。

犬の性格を見極めよう

犬種によって性格があります。たとえば、盲導犬としても活躍するラブラドールレトリバーは、落ち着きがあり、従順な性格です。ダックスフンドは、好奇心が強くまたひょうきん者なので、子供との相性がいいでしょう。テリア種は、可憐で優雅な見た目とは裏腹に、気の強い性格であることが多く、そのギャップも魅力です。もちろん個体差もありますので、見た目だけで判断せず、実際に一緒に過ごすことで相性を確認することが最も理想的です。

良いペットショップなら神奈川県のショップで探してみましょう。子犬から小動物に猫まで様々なペットを入手できます。