Archive For 2015年6月27日

夏に向けて覚えておこう!屋形船のマナーと注意点

屋形船にも種類があるって知ってる?

屋形船は大きく分けて3種類のスタイルがあります。一つ目は貸し切り型の屋形船で10人から50人程度までのグループで貸し切り、簡単なお弁当から豪華なお膳まで食事つきの宴会スタイルで楽しみます。二つ目は乗り合い型の屋形船で2~5人程度までの少人数のグループが一隻の船に乗り合う形のスタイルです。初めてあったグループ同士盛り上がることもあります。三つ目はイベント型の屋形船で船上でのミニコンサートや落語など、楽しみかたは色々です。

忘れちゃいけない!屋形船のマナーとルール

まずどんなスタイルの屋形船でも絶対にしてはいけないのが遅刻です!屋形船は船が大きいほど乗り降りに時間がかかるので、最低20分の余裕を持って向いましょう。また花火大会を見学する船は非常に込み合いますので、特に時間の余裕を持ち向かいましょう。乗り合い型の場合、他のグループに配慮をしながら料理やおしゃべりを楽しみましょう。また、ゴミなどは決して川に捨ててはいけません。ゴミは各自持ち帰るか船の指定のゴミ箱へお願いします。

雨が降ったら欠航?屋形船のドレスコードは?

当日雨だとガッカリしますが、ほとんどの屋形船には屋根がついているので少しぐらいの雨ならば大丈夫。ただし、台風など大雨が予想される場合は船会社から連絡があるので指示に従って下さい。また雨が降っていなくても強風のときは欠航することもあります。屋形船にドレスコードはありませんので、各自オシャレをして楽しみましょう。とはいえ、船上は揺れることもありますので、とっさの時に動ける服装が好ましく、船上の風は意外に冷たいものなのでスカーフやストールなどを持っていくとよいでしょう。

屋形船では料理や宴会を楽しめるようなメニューを予算に合わせて選ぶことが出来るので非常に便利だといえます。